サクラとクヌギの巨木

8月に とある山の持ち主から 「道路にせり出した木を伐採してほしい。」と依頼がありました。

放任されて伸び放題のサクラ・クヌギ・スギ等の巨木でした。

 

DSCF4398DSCF4399

DSCF4402 DSCF4411

 

市の管轄の土木事務所に作業の届けをし、地元警察に「道路使用許可」を申請したり、木の枝が電線に絡むように伸びているので東京電力に 電線保護の防護管の設置を依頼したり、車両誘導の警備員を依頼して、高所作業車を手配し、これで段取りはOKです。

準備万端整えて 交通量の少ないと思われる土曜日 9月10日に作業を無事完了しました。

 

ちなみに伐採された木々たちは 炭になって再利用されることが決まっています。

危険木の伐採

ヒマラヤスギです。一度屋根の庇の高さでぶつ切りにしてありました。そこから枝が数本に別れそれぞれが相当太くなっています。今回の依頼は この木が風で揺さぶられ屋根にぶつかる恐れが出てきたため伐採してほしいとのことでした。

DSCF4340

 

 

DSCF4346

ユニック車のゴンドラ仕様で 上からチェーンソーで細かく切断していきます。建物を傷つけないように慎重に作業を進めます。

 

 

DSCF4349

枝が無くなりほぼ幹だけになりました。しかし枝葉の量がすさまじいこと! 積みきれるか心配になってきました。

 

 

DSCF4350

枝葉は無事積み込み あとは幹を伐採し積み込んで任務終了です。