(本当にあった3匹の子豚の家、発見。)

10月半ば、今日は気温30℃に達する勢いです。深まる秋を楽しもうとしてるのにアイスや冷えたビールがいただきたくなります。先日、北総台地を爆走中に落花生の野積み作業をしている落花生農家の方がいました。車を止めてカメラをぶら下げ声をかけました。「すみません、写真撮ってもいいですか?」すると、おやじさんいきなり怒りだし「駄目だ、駄目だ見せもんじゃねーんだよ」と言っていましたが、少しうれしそうでした。写真を1枚撮らせていただいてその場を退散。ありがとうございました。

 

DSCF4037

(野積み作業)

 

最近は、落花ボッチの屋根の部分はほとんどがブルーシートで覆う農家さんが多くなっているようで、まあてっとり早いのでそうしたほうがいいと思いますが、風情的にはさびしい気がします。

 

DSCF4074 DSCF4104 (1)

(ブルーシートで覆われている落花ボッチ) (昔ながらの落花ボッチ)

昔ながらは、3匹の子豚のわらで作った家のようなメルヘンチックな雰囲気です。

両方を比較してみると、いろいろな想いがします。これからは、落花ボッチは永遠にブルーシートになってしまうのか…

フォーエバー ブルーシート?フォーエバーブルー そう、スイングアウトシスターのフォーエバーブルーが聞きたくなりました。

 

 

 

 

 

また、この時期の落花生といえばゆで落花生ですね。

最近はゆで落花生もメジャーになり、ゆで落花専用品種とでもいいましょうか?大粒のおいしい種類があります。おおまさりといって写真のようにサヤ、粒とも大きく違います。

 

DSCF4080 (1)

(おおまさりと千葉半立)

 

こいつを多めの水と少し多めに塩を加え、約50分ほど煮ます。

それで完成です。

 

DSCF4081 (1)

(塩加減もちょうどいいです。)

 

11月に入れば新豆(焙煎落花生)が登場します。

皆さんもどうぞ国産落花生をご賞味ください。

 

それでは、カンパ~~イ。